METタイム計測ルールと公式計測について

■計測時スタート方法

セーフティがかかる機種は実銃と同等のセーフティをかけた状態で準備してください。
銃口、銃の先端をカウンター上面につけた状態で準備完了です。
ホルスターを使用する場合は銃のセーフティを掛けた状態でホルスターからスタートしてもOKです。

スタートボタンはMETをプレイする本人が押してください。

スタートボタンを押したらカウンターから銃を離しセーフティを解除しすべてのターゲットを撃ってください。(ホルスタードロウの場合はホルスターから銃を抜いてスタート)

METをすべて撃ち終わるとタイマーが停止して1ゲーム終了です。

■公式計測

スタッフがプレイヤーの後ろまたは横で撃った弾数をカウントしながら計測タイムを確認します。
METを撃っても反応しない事がありますが参加される方全員に起こるトラブルなので計測の一部とします。

2回計測したタイムの平均を記録とします。

記録の際は外した弾に対してペナルティを設けます。
 ※外した弾x+0.5秒のペナルティ=(25発-トータル撃った弾数x0.5秒)

METゾンビが発生した場合は観測者と相談場合によりゾンビ発生1回に付き-0.5秒

※公式計測の際は60秒を経過した場合計測不可とし、記録外とします。

■Twitterハッシュタグ

チャレンジした人みんなのタイムをツイートしてMETで遊んだ人と繋がりましょう!
速さだけでなく使っている銃やハンデを見てチャレンジされた方と称え合いましょう!
みんなが同じ敵(MET)と戦うので思わぬ共通点やゾンビMETなどの話で盛り上がれるかもしれませんよ!
またハッシュタグのご利用が確認できましたら当店でリツイートさせていただきます!
新しい趣味友探しにもご活用ください!

下記ハッシュタグをご利用の際の最後の数字は利用したモードの番号をお使いください。モードについては更に下の項目を御覧ください。

#リベMET  #リベMET3  #リベMET4  #リベMET5  #リベMET6

#リベMET3記録  #リベMET4記録  #リベMET5記録  #リベMET6記録

■METモード(ルール)説明

METにはモードが複数有りモードにより点灯方法が異なります。同じ射手でもモードにより出るタイムが大きく異なりタイムを出すためのコツや必要な要素が異なるので、いろいろなモードで遊ぶことで楽しく撃つ練習が出来ますよ!

■モード3・低速ランダム点灯

スタート直後は必ず右下のMETが点灯します。
1つ目のMETを消灯させた後は全てランダムで点灯しMETを撃つまでは音が鳴り続けます。
点灯したMETは消灯させるまで消えません。一つの的を撃った後から次の的が点灯するまでに一呼吸時間があきます。
25個すべてのMETを1度撃って消灯させるとタイマーが停止します。

■モード4・全点灯

すべてのMETが点灯するので、自由な順番で全てのMETを撃つモード
すべてのMETが消灯したらタイマーが停止します。

■モード5・高速ランダム点灯

スタート直後は必ず右下が点灯します。
1つ目のMETを消灯させた後は全てランダムで点灯します。
点灯したMETを撃つと赤く点灯し撃った箇所が残り、まだ撃っていない場所がひと目で分かる状態になります。一つの的を撃った後から次の的が点灯するまでの時間も早くモード3よりもスピード感があります。
点灯したMETは消すことが出来なかった場合、3秒前後で消灯し別のMETが点灯します。
25個すべてのMETを1度撃って赤く点灯させるとタイマーが停止します。

■モード6・青赤交互点灯


スタート直後にすべてのMETが点灯します。
METは青→赤→青→赤…と交互に点灯します。
赤の時にMETを撃ってください。

METは赤の時に撃つことで消灯し、青の時に撃つと青く点灯して残ります。
すべてのMETを撃つとタイマーが停止します。
タイマー停止後青く光っているMETがある場合、記録時にペナルティとして青いMETx1秒のタイム加算(LIBERATORルール)となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です